promise

譲渡条件 ~猫を家族に迎える前に~

猫を家族に迎える前に以下の条件がございます。

  1. ペットを飼える住宅にお住まいである。
  2. 生涯家族の一員として、責任と愛情をもって飼育ができる。
  3. 家族全員が飼育に賛成している。
  4. 家族全員で迎えることができる。
  5. 完全室内飼いができる。
  6. 時期がきたら、避妊去勢手術ができる。
    ※手術後、領収書や写真でご連絡をいただきます。
    ※生後半年~1年位の間に手術を行っていただきます。
  7. 年1回のワクチン接種ができる。
  8. 特別な事情がない限り、先住猫が避妊去勢手術を済ませていること。


以上、猫と飼い主様が快適に暮らすための、譲渡条件となります。

条件を読んでいただき、ご理解いただけましたら、お問い合わせから現在の状況やお名前等をご連絡いただくか、譲渡会へお越しください。

※譲渡会会場は、会場をお借りしているだけですので、直接お電話等でのお問い合わせは、絶対にしないでください。

以上、よろしくお願いいたします。

譲渡条件 ダウンロード  ↓
 譲渡条件PDF

猫を探しに来てくれた方にお願いしていること

猫を探しに来てくれた方に「にゃん友Club」からお願いがあります。

それが「2頭飼い」です。

【理由】

譲渡会に来られる方で猫をほしい理由が「今飼っている猫に友達がほしいからもう1匹増やしたい。」という方がとても多いです。

後から入った子と先住猫さんの相性が合えばいいのですが、そうでない場合は猫たちだけでなくご家族も大変苦労されます。
相性が合わない猫同士は一生そのままのケースも多いです。

また、先住猫さんがいないお家への大人猫の1匹譲渡でしたら問題ないと思いますが、子猫1匹だけ譲渡の場合、お留守番の問題や冬場の保温という問題もあります。
また、かわいそうになって後から「お友達をもう1匹欲しい。」という理由にもなっています。

以上の理由から「うちは絶対1匹しか無理です。」とおっしゃる方以外には、兄弟猫の2匹飼いをお勧めしています。

譲渡条件ではございませんが、ぜひご検討ください。


動物も家族のポスター

譲渡までの流れについて

譲渡条件をご理解していただいた上で、譲渡までの流れをご覧ください。

保護猫は、新しい家族が見つかるまで、保護主様が大切にお世話いたします。

いきなり迎え入れるわけではなく、ステイ期間を設けておりますので、安心してご相談ください。

譲渡までの流れページへ


猫の脱走防止対策

完全室内飼いには、脱走防止対策が必要です。



暑くなったり、風が気持ち良い、換気がしたい・・・窓や戸を開けることは多いです。

窓や戸を開けた瞬間に、
猫が脱走してしまった!

このようなお話をよく耳にしますし、相談も多いです。

家の猫は大丈夫だから。。。
前に飼っていた猫は外に出なかったから。。。

そんな風に考えていませんか?

外を知らない猫は帰れなくなることも少なくありません。
外で生きていけない猫は、悲惨な運命になってしまうこともあります。

保護猫を譲渡されたご家族も、現在猫を飼っているご家族も
今一度、脱走対策が万全であるか、確認を行ってください。

みんなの脱走対策をご紹介いたします♪
「<」「>」ボタンで写真をスライドしてご覧ください。